雪ん子’s report

スマホ1つでブログは書けるか⁉ スマホの使い方(初級編)と日々のことをお伝えします。

ブログタイトル

スマホだけでブログに挑戦!

XPERIA 「着せ替え」を生かしたまま「テーマ」も使う




こんにちは。雪ん子です。

今回は、「きせかえ」も「テーマ」も使いたい欲張りなあなたに捧げます。
 
Xperia X Compact SO-02Jを使って、この記事を書いている2017年3月7日時点での設定方法です。
 
試行錯誤した内容を全部載せたので、【結果】まで飛んで良いですよ(^^)
  
なお、今回は「きせかえ」や「テーマ」の設定を多少省いていることがありますので、詳しい設定は以前の記事も参考にしてください。
 
以前の「きせかえ」についての記事はこちら
docomo 壁紙設定 きせかえ編
 
「テーマ」についての記事はこちら
XPERIA テーマ編
 
Xperia テーマのアイコンだけを使う
 

 

「きせかえ」と「テーマ」の違い

 

「きせかえ」が使えるのはホームをdocomo LIVE UXに設定している時

 
通常の壁紙設定からは「きせかえ」で使われる壁紙を選ぶことができません。
 
「きせかえ」の種類によって多少異なりますが、基本的に変更出来るのは
 

  • 待ち受け画面
  • ロック画面
  • メニューアイコン
  • マイマガジンアイコン
  • (インジケータ・・・どこのホーム画面にいるかを示す点)

 

「テーマ」はホームが何であれ設定可能

 
元々内蔵されている「テーマ」の壁紙は壁紙設定からでも選ぶことが出来ます。ただし、インストールしたテーマの壁紙は壁紙設定から選ぶことができません。
 
「テーマ」の種類によって多少異なりますが、基本的に変更出来るのは
 

  • ざっくり言うと全部の画面
  • メニューアイコン
  • フォルダの柄や形
  • (アプリのアイコン)
  • (インジケータ)

 

「きせかえ」と「テーマ」の両方を使うとなると…

 

  • 必然的にホームはdocomo LIVE UX
  • 待ち受け画面を「きせかえ」で設定
  • それ以外は「テーマ」で設定

することになります。
 

「きせかえ」と「テーマ」両方を生かす方法を探る

 
使う「きせかえ」はコレ

f:id:snow0303:20170306214018j:plain
 
「テーマ」はコレ
f:id:snow0303:20170306214031j:plain
 

1. docomoホーム(docomo LIVE UX)に切り替えてみる

 
今の段階では、前々回で記事にしたレゴのテーマを設定してあります。

f:id:snow0303:20170306085408j:plainf:id:snow0303:20170306085424j:plain
f:id:snow0303:20170306085430j:plainf:id:snow0303:20170306085525j:plain
 
下のボタンは変わってしまうけど、壁紙は引き継がれました。
f:id:snow0303:20170306085549j:plain
 
と思ったら一画面だけでした(笑)
f:id:snow0303:20170306085655j:plainf:id:snow0303:20170306085705j:plain
 
他も確認してみると…
レゴのまま。
f:id:snow0303:20170306085728j:plainf:id:snow0303:20170306085922j:plain
 
ロック画面も。
f:id:snow0303:20170306124043j:plain
 

2.「きせかえ」を設定

画面長押しで、メニューを開いて変更。

f:id:snow0303:20170306222614j:plainf:id:snow0303:20170306222620j:plain
 
f:id:snow0303:20170306222628j:plain
 
 
「きせかえ」完了。
ロック画面にも「きせかえ」が適用。
f:id:snow0303:20170306222644j:plainf:id:snow0303:20170306222656j:plain
 

3-A-1. 「テーマ」を設定

 
設定から

f:id:snow0303:20170306224238j:plainf:id:snow0303:20170306224337j:plain
 
壁紙は「静止壁紙」のまま試します
f:id:snow0303:20170306224343j:plainf:id:snow0303:20170306224350j:plain
f:id:snow0303:20170306224358j:plain
 
 
これで、やっと色んな画面がレゴではなくなりました。
f:id:snow0303:20170307072746j:plainf:id:snow0303:20170307072751j:plain
 
が、変更をするときに表示していたホーム画面の壁紙やロック画面が「テーマ」のものになってしまいました。
f:id:snow0303:20170306224516j:plainf:id:snow0303:20170306224528j:plain
 
隣の画面は「きせかえ」のまま
f:id:snow0303:20170306224741j:plain
 
 

3-A-2. 改めて、「きせかえ」を設定。

 
「きせかえ」の設定方法は、↑の2と同じなので省きます。
 
ロック画面が「テーマ」のものになっていて、「きせかえ」が適用されていません。

f:id:snow0303:20170306225230j:plainf:id:snow0303:20170306225239j:plain
 
ロック画面が「テーマ」の壁紙で良い方はここで終了です。
 
  
しかし、「きせかえ」のロック画面を使いたい方は、コレでは失敗ですね。
 
「きせかえ」を選択した時に出てくるロック画面の壁紙は、設定→壁紙→ロック画面では選べない画像。
 
なんとかロック画面にも「きせかえ」を適用させたい。
 

振り出しに戻る

 
一度XPERIAホームに行って、再度docomoホームへ戻ってやり直してみます。
 
2の「きせかえ」の設定を再度行います。
 

3-B.「テーマ」の設定方法を変えてみる

 
テーマを設定する際に、前々回で紹介した、壁紙を「変更しない」を選択します。

f:id:snow0303:20170307002607j:plainf:id:snow0303:20170307002622j:plain
 
f:id:snow0303:20170307002629j:plainf:id:snow0303:20170307002634j:plain
 
f:id:snow0303:20170307002638j:plain
 
成功です!
f:id:snow0303:20170307002858j:plainf:id:snow0303:20170307002901j:plain
 
f:id:snow0303:20170307003218j:plain
 
 

結果

  1. docomoホーム(docomo LIVE UX)を使用
  2. 「きせかえ」を設定
  3. テーマを設定※

 
※テーマを設定する際に壁紙を「変更しない」を選びましょう。

f:id:snow0303:20171017234514j:plainf:id:snow0303:20171017234518j:plain
 
壁紙を「静止壁紙」にしたまま設定してしまうと、設定を始めた時のホーム画面にも「テーマ」が適用されてしまいます。
  

XPERIAホームで「きせかえ」を使いたい場合

 
docomoホームで「きせかえ」を設定してから、XPERIAホームに切り替えればOKです。が、なぜか「きせかえ」のロック画面が、ホーム画面の壁紙として設定されます。
 
 

ちなみに…
 
俗に言う「root化」すれば、きせかえの壁紙だけを設定すること等が可能かもしれません。
 
「root化」はざっくり言うと、スマホの管理者権限を自分にすること。
 
管理者が自分になるので、初期設定ではアンインストールできないアプリが消せるようになったり等、大幅に変更することが出来るようになります。
 
その代わり、root化して、いじり過ぎて動かなくなった場合、携帯会社がサポートしてくれない可能性があります。
 
もちろん、ビビりな私はroot化せずに色々試します(笑)
 
が、試してみたい方は「root化 方法」等で検索すれば、色々出てきますよ(^^)